HPビルボード-01.jpg

アトリエ・アースワークが考える、大事にしていること。
設計を進める上でのコンセプトから、地域やIターン、北欧の暮らしについて。

 

コンセプト_タイトル-01.jpg


私たちにとって建築することは、
人と出会い、その人のライフスタイルを知り、
土地や文化、街全体を考えること。

「くつろげる住まいが欲しい」
言葉にしてしまえば一言の思いですが、
本当に望む空間は十人十色、人それぞれなのです。

たわいもない会話の中から
日常の端々を拾い集め、
家族のあるがままの暮らしを、あるがままに受け入れてくれる住まいを
つくりたいと考えます。

私たちが住まいづくりにおいて大切にしていることは、
「人、街、家族に優しい住まいをつくる」こと。
住み手にとって居心地のよい住環境、
土地に根ざした美しさ、
豊かな暮らしを生む空間づくりが私たちの仕事です。

コンセプト_タイトル-02.jpg


私たちは2つの地域を拠点に設計活動をおこなっています。
ひとつは和歌山office、
そして、2011年に新たに開設した長野県・安曇野officeです。

温暖な和歌山県と、寒冷地である長野県。
風土も、環境も異なる地域ですから、
出来上がる建築も異なります。

採光の取り方、
換気の方法、
断熱の仕方…

それは快適に住まうための大切なポイント。

両県を行き来することで発見した事を、
それぞれの地域に還元し、
和歌山、長野に魅力ある建築をつくりたいと考えます。

ページトップへ

コンセプト_タイトル-03.jpg


長野・安曇野officeは代表・山下がIターンをしたことから誕生しました。
Iターンを決めた理由は、長野県に親族や知り合いがいるからではなく、
毎年避暑に訪れているうちに
家を建て、「住む」事を意識したら、しっくりきたからです。

いま、自分が本当に望む暮らしを実現するため、
身の回りの環境に対する意識が高まり
Iターンへの注目が集まっています。
長野県はもちろん、和歌山県でも自治体のフォローアップ体制が敷かれるなど、
盛んな動きとなっています。

しかし全く縁(ゆかり)のない土地のこと。
「興味はあるけど、実際どうなんだろう?」
と、悩んでいる方も多いと思います。

地域のこと、
就労のこと、
学校のこと、
土地のこと…

自身の経験を通じて、お手伝いできることがあるかも知れません。

コンセプト_タイトル-04.jpg


北欧の暮らしに魅力を感じています。
家具や照明、そして建築…。
寒い環境の中、暖かく楽しく暮らすための工夫が随所にみられます。

森林面積が大きい所も日本と似ていて、
木をうまく使い、
長く愛せるデザインが生まれています。

北欧の国々が持つものづくり精神と、ものを大切に、永く使う心構え。
豊かな生活はこういった
「暮らしについて考えること」
の中にあるのではないでしょうか。

私たちが造る建築も、
豊かな生活を育み
大切に、永く使ってもらえる物であってほしいと考えます。